診療項目のご案内

肝斑しみくすみPICOトーニング・PICOトーニングディープ

従来のレーザーより短期間に高い効果を発揮する、ダウンタイムの少ないシミ・肝斑・くすみ治療

治療詳細

これまでのQスイッチレーザーはターゲットまでの到達時間がマイクロ秒またはナノ秒でした。しかし、ピコレーザーはその1,000~1,000,000倍速いピコ秒です。

パルス幅が短いピコレーザー

適応部位

ターゲットへの到達時間が早くなることにより皮膚表面へのダメージが少なくなること、ターゲットやその周辺の熱だまりが少なくなることでPIH(照射後の赤味含め)や痛みが最 小限に抑えられます。また、今までのレーザーではターゲットとなるメラニンの粉砕はせいぜい小石程度まででしたが、より細かく砂程度までできるようになったことでメラニンの体内への吸収率も 上がり、治療期間を短縮することができます。

周辺組織へのダメージがほとんどないピコ秒パルス

ナノ秒・ピコ秒・パルス幅

症例写真

ピコレーザー症例1
ピコレーザー症例2

その他

●『ロー(少ない)ダウンタイムフラクショナル』
ピコレーザーを使用したフラクショナルレーザーは、肌表面に熱ダメージを低減させ、真皮層の細胞へアプローチすることで、シワ・ニキビ跡・毛穴・たるみの治療が可能になりました。これまでのフラクショナルレーザーのような約10日間継続するダウンタイムをわ ずか2~3時間(最長1日)と短縮することが可能となりました。

●『ピコエキストラ』
今まではシミと肝斑は存在する層の違いから別々に治療しなければいけませんでしたが、ピコエキストラは波長の違うレーザーを使い分けることによってはシミ・肝斑を同時に治療することができるようになりました。また、今までは反応の鈍かった薄いシミの治療も 可能となりました。
※シミの種類や量、濃さにより光治療との混合をおすすめすることもございます。

適応部位

PICOトーニング適応部位

【PICOレーザー】

● アメリカのFDAの認可を取得

当院では世界で初めて開発されたピコレーザー『ピコシュア』を使用しております。『ピコシュア』はピコレーザーの中で唯一「シミ」「シワ」「ニキビ跡」の全ての分野でアメリカのFDAの認可を取得しています。

ピコシュアは755nmの波長を使用するため、他の1064nmのピコレーザーに比べ、メラニン色素に対する吸光度が3倍と高いため、低エネルギーでも非常に効果の高い治療ができます。

PicoSure

PICOレーザー

料金

●PICOトーニング


▶鼻・鼻下/ホホ下/コメカミ/アゴ(各)
初回 5,250円
2回目以降 7,500円

▶ホホ骨上/額(各)
初回 7,000円
2回目以降 10,000円

▶全顔
初回 22,750円
2回目以降 32,500円

●PICOトーニングディープ


▶鼻・鼻下/ホホ下/コメカミ/アゴ(各)
初回 10,500円
2回目以降 15,000円

▶ホホ骨上/額(各)
初回 14,000円
2回目以降 20,000円

▶全顔
初回 45,500円
2回目以降 65,000円

※他の部位の料金についてはお問い合わせ下さい

肝斑・シミ・くすみに。FDA認可のPICOトーニング